歯科矯正の看板

一般歯科、審美歯科、インプラント、歯周病治療・・・など、 たくさんの診療科をかかげている歯科の矯正は要注意です。患者は、治療を受けるクリニックを選ぶときに、看板を頼りに探すことが多いと思います。けれども、この看板が大いに疑問ありです。
今の日本の法律では、医療施設が自由に診疲内容を看板にかかげてもかまわないこと
になっています。自由標梼制といって、専門以外の診療科を自由に標梼して(看板をかかげて)もいいのです。ですから、看板に出ているから専門医であるとは限りません。
看板(標梼)をかかげているから、専門の医師だろうと判断し、診療を受ける人が多
いのではないかと思いますが、この看板は、選択の基準にはならないのです。
歯科医師の免許があれば誰でも矯正の看板をかかげられる歯科矯正は、体の構造を変化させるため時聞がかかり、治療期間は通常、年単位で必要になります。ですから、歯科医師になるために学ぶ六年間の歯学教育の中では、歯科矯正に対しては、基礎的な教育しか受けられません。安全に歯科矯正治療を行えるようになるためには、歯科大学卒業後に、数年以上の専門研修が必要なのです。「矯正歯科」という看板(標梼)は、開業している歯科医師個人
の判断でかかげることができるのです。ですから、矯正歯科という看板やネット広告からは、本当に歯科矯正を専門に研修を積んだ歯科医師かどうかを判断することはできないのです。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です