歯・口のトラブル

虫歯・歯周病・知覚過敏・口臭といったトラブルでお困りの方も多いでしょう。

虫歯の元は歯垢です。歯みがきの磨き残しで歯に付いた汚れ(糖分)に虫歯菌が集まり歯垢が発生します。その歯垢が酸を出し、歯のエナメル質を分解することで虫歯になります。虫歯を予防するには歯みがきが基本となります。歯にまだ穴が空いていないような状態の初期虫歯は修復が可能です。フッ素入りの歯磨き粉を使用したりすることで再石灰化が行われて虫歯を修復することが出来るのです。初期虫歯をほおって置いてしまうと歯に穴があき、修復が不可能になります。歯の表面を覆っているエナメル質からその奥にある象牙質にまで穴が達してしまうと、冷たいものを食べてしみるなどの症状が出てきます。さらに穴が神経の通っている歯髄にまで到達してしまうと強い痛みを感じてしまいます。この状態が悪化すると、最終的に歯が崩壊してしまうのです。

乳歯が虫歯になった場合、永久歯に生え変わるからといって放置してしまうのは良くありません。虫歯になった乳歯を治療せずにいると口内の虫歯菌が増殖します。それが永久歯の虫歯の原因にもなります。また虫歯が原因で乳歯が早期に抜けてしまうと、永久歯の歯並びにも永久を及ぼすので注意が必要です。乳歯は永久歯と比べて脆く虫歯の進行が早いため、虫歯を見つけた際は早めに治療するのがいいでしょう。

歯と歯茎の間に溜まった歯垢が炎症を起こしているのが歯周病です。歯茎が腫れる、かゆくなる、歯みがきをすると血が出るなどの症状があったら、歯肉炎を疑った方がいいかもしれません。歯肉炎は歯周病の初期段階です。この段階であれば念入りな歯みがきによって改善させることが可能です。これが悪化すると歯周炎になります。炎症が歯茎の奥へと広まり、歯の根っこを溶かしはじめ、歯がグラグラになります。膿がでると強い口臭にもつながります。歯茎が赤黒い、歯ぐきが腫れている、歯と歯の間のすき間が広まった、歯の表面がざらざらする、歯茎から血が出る、歯がぐらぐらする、といった症状がある方は一度歯科医院などで診てもらうことをお勧めします。

歯周病の予防には正しい歯みがき、デンタルケアが大切になってきます。普段の歯磨きに加えてデンタルフロスや歯間ブラシを使って歯の汚れを落としましょう。日々の磨き残しや行き届かない汚れは歯科医院できれいにしてもらいましょう。また、歯周病は生活習慣病と言われています。生活習慣を見直すことでリスクを減らすことが出来ます。喫煙も歯周病のリスクを高めてしまうので注意です。タバコを吸う本数が増えれば増えるほど歯周病の悪化度合いも高まると言われているそうです。

冷たいものが歯にしみたら知覚過敏の可能性があります。知覚過敏は強い力で歯を磨いたり、歯の磨きすぎといったことが原因で起こります。歯の表面のエナメル層が削られることで露出した象牙質から刺激が伝わり歯がしみるといった症状が出るのです。歯がしみる・痛むといった症状は刺激がなくなると収まります。知覚過敏用の歯磨き粉を使用することで予防したり歯科医院に行って薬を塗布してもらうことで痛みを抑えることもできます。

口臭には4つのタイプがあります。「生理的口臭」「心因的口臭」「外因的口臭」「病的口臭」の4つです。生理的口臭は起床時、空腹時、緊張状態、ストレスを感じた等の場合に、口臭を抑える唾液の分泌量が減少して起こります。心因的口臭は自分の思い込みで口臭があると感じてしまうことを指します。外因的口臭はニンニクなどのにおいの強いものを食べてたことが原因で起こる口臭のこと。病的口臭は虫歯・歯周病や喉・消化器官の病気によって口臭が生じること。

口臭は細菌が口内のたんぱく質を分解することで生じます。口臭を予防・改善するには歯みがき、デンタルケアで口内を衛生的に保つことが大切になります。

親知らずは中央の前歯から数えて8番目の歯を指します。一般的には20歳前後に生えてきますが、もともと親知らずがなく生えてこない場合もあります。現代人の顎は小さくなってきているため親知らずが生えるスペースがなく一部しか出てこない、斜めに生えてきた、水平に生えてしまうことが多々あります。親知らずが正常に生えてくれば抜歯する必要はないのですが、親知らずは虫歯になってしまう、炎症を起こしてしまうといった歯のトラブルの原因にもなるので一度歯科医院で診てもらうといいでしょう。