歯をきれいに保つには

歯を美しく見せるには歯並びも重要な要素になります。美しい歯で見た目の印象もアップし、自信を持たらしてくれます。歯並びをよくするためには子どもの頃からの注意が必要です。頬づえや指しゃぶり、うつぶせ寝なども歯並びに大きな影響を与えてしまう可能性があります。乳歯の歯並びも永久歯に関連しているので乳歯のころから歯並びを気にかけなければなりません。歯並びを美しく見せる要素としては歯と歯同士のすき間がないか、歯の大きさ、上下左右のバランスなどのポイントなどがあります。

歯並びが気になる方は歯科医院などに相談するのが良いでしょう。矯正は子どもからも大人になってからも始めることが可能です。しかし、大人の歯の場合、子どもと比べて歯を移動させにくいため時間がかかってしまう傾向があります。歯並びを矯正する歯列矯正を行うことで見栄えも変わり、かみ合わせも良くなります。かみ合わせが良くなると頭痛・肩こり・腰痛が改善することもあるのです。矯正には平均して約2年ほどの期間がかかります。その後に移動させた歯が元に戻らないように保定する期間も必要となるため、合計で3-4年かかると考えるといいでしょう。矯正にかかる費用はそれぞれ異なりますが、50-100万かかるのが一般的とされています。矯正中には定期検診を行わなければならないのでさらに数千円が月に一回程度必要になります。矯正装置にはさまざまな種類があります。それぞれかかる費用・時間も異なるため、自分のニーズに合わせて矯正装置を選ぶことが出来ます。矯正をすると痛みを伴うことや食事の管理・矯正器具の使用法・歯みがきの仕方など注意しなければならないことがいくつかあるため医師の指示に従いましょう。